SAKE部門のカテゴリー

 





SAKE部門のカテゴリー
IWCはSAKEの製造規則を基盤にして独自の分類を行っています。ご確認いただき、正しいカテゴリーにエントリーしてください。


1. Futsu-shu 普通酒

下記のカテゴリーに該当しない日本酒。精米歩合の制限はない。

2. Honjozo 本醸造
白米、水、米麹、醸造アルコールを原料として造られた日本酒で、醸造アルコールの使用量が白米の重量の10%を超えないもの。

3. Junmai 純米
決まった精米歩合はないが、醸造アルコールを添加していないSAKE。

4. Junmai Ginjo 純米吟醸
純米酒のうち、精米歩合60%以下の白米を使って造られたSAKE。

5. Junmai Daiginjo 純米大吟醸
純米酒のうち、精米歩合50%以下の白米を使って造られたSAKE。

6. Ginjo 吟醸
精米歩合60%以下の白米を使って造られたSAKEで、醸造アルコールの使用量が白米の重量の10%を超えないもの。

7. Daiginjo 大吟醸
精米歩合50%以下の白米を使って造られたSAKEで、醸造アルコールの使用量が白米の重量の10%を超えないもの。

8. Koshu 古酒
1から7及び9のカテゴリーに入るSAKEで、上槽後1年以上貯蔵熟成させたもの。審査のため熟成温度帯の情報が必要になります。

9. Sparkling スパークリング
発泡SAKE。上記のいずれかのカテゴリーに分類されるSAKEの中で、炭酸ガス注入式、瓶内二次発酵方式、地方で代々から伝わる製法などで造られたもの。

メダルやトロフィー、チャンピオンの他に以下アワードへも自動的にエントリー酒が選考対象となります。



Great Value Sake 
グレート・バリュー・サケ                     
IWCにエントリーされたSAKEの中で、以下条件を満たした銘柄は、自動的に選考対象となります。

1. IWCの定めるカテゴリーのいずれかに分類されるSAKEであること
2. 当審査会の金メダルもしくは銀メダルの受賞酒である こと
3,720mlボトルで100,000本(または72,000リットル相当)以上の生産量があること
4.日本市場において720mlボトル(または相当量)あたりの小売価格が1,200円以下(税抜)であること


Sake Brewer of the Year
サケ・ブリュワー・オブ・ザ・イヤー
IIWCにエントリーした全ての醸造所は自動的に、この賞の選考対象となります。メダルや、トロフィー獲得がポイントとなり、の対象です。エントリーの銘柄数に基づきスコアを算出します。





Join International Wine Challenge

Enter Now
  • Sponsors of the Supermarket of the Year Award
  • iFavine
  • Sponsors of the Great Value Sake Award
  • Sponsors of the Large Independent of the Year Award
  • Sponsors of Wine Educator of the Year
  • Sponsors of IWC Online Retailer of the Year
  • Sponsors of IWC Champion Sake of the Year
  • Sponsors of the Rosé Specialist Merchant of the Year Award
  • Supporter 4
  • Supporter 5
  • Hillebrand Gori